So-net無料ブログ作成
検索選択

2016豆撒き(高輪神社) [高輪散策]

節分祭・豆撒きのお手伝いをしました。

節分祭の旗も出て、ということよりも、ずいぶん沢山のお願いを承っているもんだ。

DSC05038.JPG

ご案内には四時挙行となっているが、四時は神事の開始時間で、豆撒きは四時半頃になります。

DSC05040.JPG

階段の上に消防署員、消防団が10人ほどいて、階段からの転落事故を防いでおります。

四時にはかなりの人がいらして

DSC05041.JPG

四時半になるとぎっしり

DSC05043.JPG

人が多いのは
近所の豆撒きの中でも遅い時間なので、余所を回ってきた人がいる。
学校の下校時間を過ぎているので子供が多い。
などの理由でしょうか。
特に驚くような賞品が当たる、というわけでは無いようです。

撒かれるのは、みかん、餅(紅白の入った袋入り)、豆(袋入り)、番号札の入った小袋(賞品と引き換える)ですが、狙い目の番号袋は遠くへ飛ばないから舞台前へ殺到してきます。

宮司さんに続いて善男善女が20名ほど次々と登壇して放っていく

DSC05050.JPG

鵜飼港区議会議長は野球の経験があるのか良いフォームで遠くまで投げていました。
山田美樹外務大臣政務官はつつましくお投げになっていましたね。

papaはというとかなり遠くで見守っていましたが、近くの人たちと声を合わせて
「海江田さーん」と声を張り上げていたら海江田万里さんの投げてくれたみかんをキャッチできました。
お帰りの際に「みかんをありがとうございます」
とお礼を申し上げたら
「狙って投げたんだよ」
とおっしゃっていました。
ナイスコントロールです。

DSC05054.JPG

かれこれ20分くらいで豆撒き終了。
番号袋をゲット出来なかった人には漏れなく残念賞

DSC05053.JPG

このあたりが太っ腹な神社です。

番号袋を得られた人は社務所で賞品と引き換えますが、10枚くらい集めていた子がいたな。
大勢詰めかけたので行列の整理をしましたが、いつになったら終わるのか不安になるくらいの人波で

DSC05052.JPG

30分くらいかかってようやく終わりました。
外人さんが来ているのも高輪らしいな。
1番の番号をゲットして意気込んできた人がいましたが、1番でも缶ジュースだったか、番号と商品の中身(値段?)は無関係でした。

無事、だと思うけど、ともかく大事なく行事終了。
最後に福豆をいただきました。

DSC05055.JPG

海江田さんのみかんはその晩早速口に入れました。

翌日は立春、いよいよ春の訪れでございます。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: